老人性紫斑にアロマクリーム


先日のAEAJのセミナー

「アロマトリートメントを科学する」で、

大門医師がお話してくださった

高齢者施設で老人性紫斑に

塗っていると仰られていたクリーム。

私の母が最近悩んでいる腕の打ち身の痕に

良いのでは??とジェルクリームを

作りプレゼントしました♡

img_4188

覚えがない打ち身、いつのまにか内出血に

なっていることが多く痕が消えるまで時間が

かかるので夏は半袖だから恥ずかい…と

言っていました。

歳を重ねると、血管がもろくなったり

皮膚が薄くなったりし、ちょっとぶつけた

だけなのに内出血してしまうそうです。

お医者さまに尋ねると、自然に治るので

心配はいらないと言われる事が多いのだ

そうです。

しかしご本人としては気になりますよね。

そんな時に役立つクリームだそうです。

内出血の痕が消えるのが早くなるそうです。

先生が教えてくださった、ヘリクリサムの

精油に私はフランキンセンスをブレンド

しました。

ヘリクリサムの作用は、内出血を抑制、

老化肌やくすみの皮膚再生。

フランキンセンスは、年齢を重ねた

肌ケア、皮膚にハリを与えてくれます。

季節的にまだリッチなクリームより

さらっとしたものの方が良いかな?と

ジェルクリームを母にプレゼントしました。

予防は、ぶつけないこと、保湿をすること、

太陽の日をあまり浴びないことのようですが、

もし内出血してしまったらクリームを

塗って早く治りますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


*